<< 令和元年5月25日(土) 初夏の中央森林公園を歩こう「三原市健康ウォーキング」 | main | 令和元年5月26日(日)千田わっしょい祭「ノルディック・ウォークの集い」 >>

令和元年5月26日(日)「ノルディック・ウォークで心と体の元気づくりin吉和」魅惑の里と焼山川


0
    全国的に5月としては記録的な暑さが続く中での体験会です。
    参加者14名の内、ご夫婦が3組、ファミリースポーツとして少しずつ定着してきているのかな?と思います。
    今日は、魅惑の里と焼山川の川沿いを歩くコースです。


    まずは、バスで魅惑の里に移動します。
    道路沿いの川には多くの太公望が…
    アユ釣りかと思いましたが、ちょうど「あまごウィーク」というイベントが開かれていたようです。
    アマゴはヤマメに似た魚で脇腹の朱い斑点が特徴とのことです。


    スタート前には、ストレッチをして、しっかり水分補給をして頂くようにお願いしました。

    まずは魅惑の里の園内を探検気分で巡ります。
    オートキャンプ場では、キャンパーの方たちと「おはようございまーす」と挨拶をしながら坂を登って行きます。
    車一台分のスペースにシンクと煉瓦積みの炉があり、手軽にキャンプが楽しめそうです。
    コテージが点在したエリアもあり、「今度は、ここでBBQしよーやー?」と、色々なプランを考えている参加者の方もいらっしゃいました。


    遊歩道を歩き、グラウンドゴルフ場に向かいます。
    遠くには冠山を臨み、芝生が青々としていて、気持ちよくプレーできそうです。
    芝生広場では、4月の体験会の時にはハッキリと見えていた鳥の巣のような宿り木が、宿主の木の葉に覆われて、見えなくなっていました。
    直ぐそばの水路では、夏のイベントで、アマゴの掴み取りができるそうです。
    今まで、何回か園内を巡り、BBQや温泉施設があることは知っていましたが、こんなに色々なことができるとは、知りませんでした。


    焼山川に沿って、太田川の源流の方に向かいます。
    水の流れる音は、本当に清涼感があります。
    無色透明な水なのに、流れの速さや淵の深さで、青みがかっていたり、深い緑になったり、神秘的にも感じます。
    流れに手を浸すと、とても冷たく、清々しい風が吹き抜けていきます。
    思わず、深呼吸したくなります。


    道の両側は針葉樹や広葉樹の林です。
    同じ頃に植林されたそうですが、道の左右で幹の太さがかなり違います。
    日当りや手入れの状況によって、差がでるとのことでした。
    この辺りは、国有林や私有林などが入り組んでいて、手入れをするのも難しいそうです。
    そのように木々を見たことがなかったので、改めて森林を維持していくことの難しさを感じました。
    また、こうしてウォーキングが楽しめるのも、管理者の方のご努力があってこそだなぁと思いました。


    特産館で地元の野菜などを購入して、心身共に満たされた一日になりました。
    市内から一時間半位で、こんなに色々と楽しめるとは…四季折々に訪れてみたいと思いました。

    担当:矢村 文


    コメント
    コメントする








     
    お気に入りに追加
    カテゴリー
    リンク集
    最新の記事
    PR


    Supported by 楽天ウェブサービス

    ランキング
    ブログランキング
    PVランキング
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島県情報へ
    にほんブログ村

    過去ログ
    ブログ内検索
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM