<< 令和元年10月19日(土)広島文化学園大学 呉阿賀キャンパス「ノルディック・ウォ−ク体験講座」 | main | 令和元年10月24日(水)・31日(木)「生活習慣予防運動教室」場所:比和自治振興センター >>

令和元年10月20日(日) ラコントル 「ノルディク・ウォークの集い」


0
    気持ち良い青空です。良い汗がかけそうな予感がします。
    今日は8名の方が参加して下さいました。
    お祭りや運動会があるので、皆さんお忙しいのか、この時期としては少しこじんまりとした体験会になりました。


    天満川の高潮対策工事が終わり、遊歩道が歩けるようになったので、川沿いを横川方向に行ってみることにしました。
    観船橋を渡って、観音側を進みます。
    広電の軌道を越えると小さなお社があります。明正(みょうせん)稲荷神社です。


    私事ですが…
    近くに住んでいますので、対岸は時々通るのですが、天満町の辺りはあまり通ったことがなく、工事が終わったら、いきなりお社が現れたので、ビックリしました。


    調べてみると…昭和27年から現在地に鎮座しているそうですが、以前は木立に囲まれていて、気が付かなかったようです。
    大きな木はバッサリ切られ、デコボコしていた路面は舗装されて歩き易くはなりましたが、木陰がなくなり、少し味気無い気がします。


    横川新橋を渡り、対岸を戻ります。
    途中、特設警備隊広島西部第二部隊の慰霊碑があります。


    「特設警備隊」とは?
    耳慣れない言葉だったので、調べてみました。
    戦前、陸軍の予備役等で構成され、緊急時以外は一般市民として働いていた方たちの部隊。
    この第二部隊は、周辺の一般市民で構成され、空襲に備え、官庁、橋、鉄道等の警備を行っていたとのことです。

    旧広瀬国民学校に駐屯していたため、この場所に碑が建てられたそうです。
    普段、何気無く通り過ぎてしまいますが、ふと、足を止めてみるのも大事なことかなと思いました。


    歩いてみないと分からないこと、歩いてみて更に気付くこと、結構あるものですね!
    これも、ウォーキングの醍醐味だなぁとつくづく思います。

    あと1ヶ月もすると紅葉のシーズンです。
    遠出をしなくても、身近な街を探検気分で歩いて、紅葉を楽しみましょう!

    担当:矢村 文


    コメント
    コメントする








     
    お気に入りに追加
    カテゴリー
    リンク集
    最新の記事
    PR


    Supported by 楽天ウェブサービス

    ランキング
    ブログランキング
    PVランキング
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島県情報へ
    にほんブログ村

    過去ログ
    ブログ内検索
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM